不飽和脂肪酸とは

不飽和脂肪酸とは

アラキドン酸を知るために、まずは不飽和脂肪酸についてちょっと知っておきましょう。

 

不飽和脂肪酸は、人間に必要な脂質の材料となるものですが、エネルギーになる以外にも血液中の中性脂肪やコレステロールの量をコントロールするというちょっと変わったはたらきがあります。

 

細かく分けると「一価不飽和脂肪酸」と「多価不飽和脂肪酸」とに分かれ、多価不飽和脂肪酸は更に「n-3系脂肪酸」や「n-6系脂肪酸」などの種類に細分化されていきます。

 

脳機能の向上に役立つと言われるDHA(ドコサヘキサエン酸)は、この不飽和脂肪酸の中で多価不飽和脂肪酸の分類になり、その中でもn-3系脂肪酸にあたる部類になります。

 

仲間にIPA(イコサペンタエン酸)というものもあり、どちらも体内で作ることは出来ない脂肪酸になります。はたらきとしては、中性脂肪を減らして善玉コレステロールを増やしたり、血液が固まる血栓を作らせないために動脈硬化を予防するなど、非常に役立つものばかりです。

 

一方、アラキドン酸は、DHAとはちょっと違うn-6系脂肪酸のほうの仲間です。

 

体内で作れないのは同じで、身体に必要不可欠なことは確かなのですが、摂取が過剰になると悪玉コレステロールばかりか善玉コレステロールまで減らしてしまうためにちょっと注意が必要とされる部類です。

 

体内に必要なのにも関わらず、摂り過ぎると肥満になり、血栓を作ったりアレルギーを起こしたりする困った部分もあることは確か。

 

アラキドン酸とは、うまく付き合っていく工夫が必要ですね。