アラキドン酸サプリ通販

アラキドン酸とは

凄い効果があると分かったアラキドン酸

 

アラキドン酸は、直接的には体内で生成することのできない必須脂肪酸の一種です。植物油に多く含まれているリノール酸から合成されるn-6系列の不飽和脂肪酸で、リノール酸を摂取する事で体内でアラキドン酸に変化させることは可能です。

 

アラキドン酸サプリを摂取すると、脳の働きが良くなるので加齢による物忘れやアルツハイマーを抑制したり、新しい情報を吸収しやすいようにします。また、精神安定作用があるのでうつ病や統合失調症等にも効果があったり、物事に対する意欲が低下している場合に効果が期待できます。

 

また赤ちゃんや子供の脳の発達や精神発達に大きく作用すると言われています。赤ちゃんにあげる粉ミルクをアラキドン酸とDHA入りの粉ミルクに変えると記憶、問題解決能力、言語能力等の精神発達レベルが高いという研究結果もあります。

 

赤ちゃんにアラキドン酸が不足すると、体重・身長が増加しにくい傾向にあります。母乳に豊富に含まれていて、乳児の成長にも欠かすことができない、DHAと共に最近、注目されている栄養素です。

 

アラキドン酸は、レバーや肉類、魚、魚卵、鶏卵などに豊富に含まれています。体内で細胞膜を構成する成分として働いたり、免疫を調節する物質を作る等、体の機能維持に深く携わっています。

 

胎児、乳幼児の正常な発育に必要不可欠な成分であり、大人も不足しない方が良いということが分かりました。日本人の食生活の欧米化で肉類、卵等を豊富に摂取するようになりました。

 

ただし過剰摂取してしまうと、アレルギー性の湿疹を起こす場合もありますので、適量に気をつけて過剰摂取には気をつけて摂取するようにしましょう。


アラキドン酸サプリメント一覧

オメガエイド(サントリー)

ARA(アラキドン酸)・DHA・EPAを凝縮



サントリーが販売するARA(アラキドン酸)・DHA・EPAをバランス良く配合したサプリメント。1日6粒でアラキドン酸120mgを手軽に摂取することができます。さらに、アスタキサンチンまで配合しているので、しっかりと吸収されるようにサポートしてくれます。20年以上研究しているあのサントリーの製品なので品質面も安心のサプリ。

価格

180粒(約30日分):6,300円(税込)(※送料無料)
定期180粒(約30日分):5,670円(税込)(※送料無料)

支払方法

代金引換、クレジットカード、銀行振込、口座引落

ミドリムシエメラルド

59種の栄養素がとれるミドリムシサプリ



ミドリムシエメラルドはアラキドン酸を含む59種類もの栄養素が取れるミドリムシを配合した話題のサプリメント。ミドリムシと相性が良いマキュベリーやコエンザイムQ10や有胞子性乳酸菌まで入っています。59種類もの栄養素がバランスよくとれるのはミドリムシ以外にはないのでぜひ摂取しておきたいサプリです。

価格

110粒(約30日分):7,020円(税込)(※送料無料)
定期110粒(約30日分):5,400円(税込)(※送料無料)

支払方法

代金引換、クレジットカード

緑汁(みどりじる)

乳幼児も飲めるミドリムシを使った緑汁



石垣島産のミドリムシと大麦若葉や明日葉を使用した青汁のようなドリンクタイプ。アラキドン酸を含む59種もの栄養がとれるのはミドリムシだけ。粉末を水や牛乳などで溶かして飲めるのでサプリが苦手な方やサプリが飲めない乳幼児でも飲むことができるのが人気の秘密。

価格

10包(約7日分):980円(税込)(※送料無料)

支払方法

クレジットカード、後払い決済(コンビニ・銀行・郵便局)

 

アラキドン酸はアスペルガー症候群・自閉症・アルツハイマー(認知症)・子どもの発達障害などなど脳に関する病気に効果があると実験でも分かってきた成分です。

 

大人の方が摂取するなら

アラキドン酸の製造方法の特許をサントリーが取得しているため、純粋なアラキドン酸をベースにしたサプリメントはサントリーのオメガエイドくらいしか現在はありません。

 

なのでオメガエイドを選ぶしか今の所、選択肢はないようです。

 

もしこのサプリが嫌な方は、上記でも紹介しているように、ミドリムシにアラキドン酸は含まれているので、ミドリムシサプリで摂取するのも一つの手ですね。

 

サントリーのオメガエイド

 

子供や乳幼児に摂取させるなら

発達障害かもしれない・・・という子供にアラキドン酸を取らせたいのであれば、サプリメントは粒が大きいので難しいと思います。そこでミドリムシと大麦若葉や明日葉を使用したミドリムシのドリンクで飲ませるのが一番でしょう。

 

青汁のように粉末を水とか牛乳で溶かして飲ませる事ができるのでとても便利です。最近の子供は冷凍食品とかばかりだったり栄養に偏りがある子がとても多いので、アラキドン酸だけではなく、59種類もの栄養素が取れる緑汁は、アラキドン酸とか関係なく野菜不足のお子さんには飲ませたいですね。

 

緑汁(みどりじる)

 

アラキドン酸の効果・効能

アラキドン酸は、胎児や乳幼児の脳と精神の発達に欠かせない栄養素としてDHAと共に最近、注目されている栄養素です。赤ちゃんの精神的な成長や記憶力や学習能力を高めるために重要です。

 

アラキドン酸は、母乳にも多く含まれていますので、なるべく母乳育児をするに越したことはありません。


しかし、母乳育児ができない場合や母乳の出が悪かったり、外で働いているからと言ってあきらめる必要はありません。

 

日本では比較的、DHAは重要視されるものの、アラキドン酸が軽視さる傾向にありましたが近年は、アラキドン酸を配合した粉ミルクも増えています。DHAだけでなく、アラキドン酸を配合した粉ミルクを選ぶと良いでしょう。

 

近年の研究により、アスペルガー症候群、自閉症、発達障害等にもアラキドン酸が効果があることが分かってきました。なるべく食事からアラキドン酸を摂取するようにしたほうがよいですが、自閉症や発達障害などのお子さんを持つご家族の方は、サプリメントで摂取するのも一つの手です。

 

また、胎児や乳幼児だけでなく、大人の脳にもよい影響を与えます。30代頃になると、物覚えが悪くなったと感じる方も少なくありませんよね。頭の回転や記憶力は、神経細胞の数や効率の良いネットワークが必要不可欠になります。その神経細胞の膜を構成しているアラキドン酸が不足すると、脳の情報伝達の効率が落ちてしまい、年齢と共に物忘れが激しくなります。

 

また、神経細胞は、うつ病や統合失調症等の精神安定にも効果があります。アラキドン酸を豊富に摂取することで元気が出たり物事に意欲的になります。また、アルツハイマーにも効果があるので、アラキドン酸を摂取すると脳の働きが良くなるというのがよくお分かり頂けると思います。

 

以下も参照
脳の発達を促す注目成分「アラキドン酸」
アラキドン酸を1カ月間摂ったところで高齢者の脳の働きが改善しました


アラキドン酸の摂取量

アラキドン酸の摂取量の目安は、1日およそ240mgと言われています。
イマイチピンと来ませんので、食材で表してみたいと思います。

 

1種類の食材からアラキドン酸を摂取した場合、

卵3個、鶏もも肉308g、豚レバー80g、いわし生300g、焼鮭200g、めざし生270g、いか・するめ270g、ひじき300g、えび、干しエビ330g、まこんぶ(素干し)240g程度になります。

卵で換算すると3個になり、大人の場合、卵は1日1個程度が上限ですので、コレステロールの過剰摂取になります。ひとつの食材から摂取しようとせずに、いろんな食材からまんべんなく摂取することが望ましいのです。

 

日本人のアラキドン酸の摂取量は、この50年でおよそ4倍になっていると言われています。ですから、好き嫌いが無く、普通に食事をしている方には、意識して摂取を増やす必要はないかも知れません。食が細い方や、野菜と淡水加物しか摂らない方には不足していると思われます。

 

肉や魚を一切食べない方の場合は、ひじきや昆布などの海藻類を多く摂取することをお勧めします。ダイエット中の方も不足しているかも知れません。アラキドン酸は、サプリメントもありますので、栄養不足が考えられたり、脳の働きが落ちて記憶力が悪い方にもお勧めします。

 

アラキドン酸をサプリで摂取する!